青汁の材料になっている野菜とは

見るからに草を絞ったような色をしている事から懸念されることも多い青汁ですが、その栄養価の高さは様々な研究結果からも明らかですから毎日とりたいと考えている人も多いでしょう。
では、たくさんある商品の中からどのようなものを選ぶのがいいのか、自分の食生活の状態や味の好き嫌いなどから選ぶといいでしょう。
青汁に使われている青菜の種類とその特徴についてみてみます。

大麦若葉
イネ科の植物でミネラルと酵素を豊富に含んでいます。
生活習慣病の予防や冷え性改善、貧血の予防、疲労回復効果、免疫力を高める効果、肌荒れ予防、便秘改善、歯や骨を丈夫にする効果があります。

■桑の葉
言わずと知れた木の葉っぱですね、しかしその葉には栄養がたっぷりなので青汁の材料によく使われています。
鉄分、カルシウム、ビタミンB1、カロチン、フラボノイドなどで、さらに食物繊維も豊富です。
糖尿病予防、メタボ対策、便秘緩和、二日酔いの緩和、疲労回復効果、ダイエット効果などがあげられます。

■ケール
青汁の材料としては一番一般的な食材で、一年中収穫することが出来ることから毎日とるためにの青汁には最適と言われています。
βカロテン、ビタミンE、ビタミンC、メラトニン、ルテインなどが豊富に含まれています。
抗酸化作用、睡眠保護、生活習慣病予防、血管年齢老化予防、アンチエイジング効果、便秘改善などに効果を発揮します。

■明日葉
こちらも青汁によく使われる材料ですが、取れる量が比較的少ないのでケールや大麦若葉に比べて少しコスパが高いですね。
しかしその栄養価はケールよりも多く、豊富な食物繊維に加えカルコン、カリウム、クマリン類などなどが含まれています。
高い抗酸化作用からアンチエイジング効果、むくみ防止効果、冷え性の緩和、ストレスの緩和、セルライト解消効果などがありますから、ダイエットには明日葉の青汁がおすすめかも。

■クマザサ
イネ科の竹です。
年中取ることが出来るので青汁には適していると言えます。
葉緑素、ミネラル、アミノ酸、カルシウム、バンフォリン、ビタミンK、ビタミンB群、ビタミンCなどが含まれていて高い抗酸化作用が期待できます。

他にも青汁に適しているものとして小松菜、春菊、にがうり、よもぎなどがありますがそれぞれに効能に違いはあれども抗酸化作用と豊富な食物繊維が含まれている事が基本となっているようです。
毎日続けられる青汁を探ってみるといいと思います。