青汁は老化抑制、アンチエイジングの大きな味方

青汁は身体にいい、健康的だというので飲んでいるという人もたくさんいます。そんな中で、青汁のアンチエイジング効果に期待して飲んでいる人も少なくありません。

青汁が効くのは抗酸化物質のおかげ

どうして青汁がアンチエイジングに効果があるかというと、抗酸化作用を豊富に含む原材料を使用しているからという理由が挙げられます。人間はストレスや生活の乱れなどによって体内の活性酸素の働きが活発になります。

この活性酸素が細胞を老化させるのですが、抗酸化物質が活性酸素から身体を守ってくれるので青汁はアンチエイジングに効果的というわけなのです。抗酸化作用のある栄養素としては、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、の他クロロフィルなどが挙げられます。

この他、青汁の原材料としてメジャーな大麦若葉に多く含まれるSOD酵素や明日葉に大量に含有されているカルコンなどもそうです。また青汁に豊富に含まれる食物繊維が腸内環境を改善してくれます。

腸内には悪玉菌と善玉菌、そしてその場の状況によってどちらにもなる日和見菌があります。腸内に悪玉菌が増えすぎると、その菌は血液に乗って臓器や細胞に悪さをしてしまうことから老化が進んでしまうのです。

悪玉菌の増加によって肝臓がんになるリスクが高まるという研究結果もあります。一方青汁に豊富に含まれる食物繊維は善玉菌の食料になるので、たくさん食物繊維を摂れば善玉菌が活発化します。

さらに、善玉菌が増えれば日和見菌が善玉菌に変化して腸内は善玉菌が優勢になるのです。腸内での悪玉菌の増殖を抑制し善玉菌を増やすことができるので、腸内環境を良好にするとともに身体中の細胞の老化を抑えてくれます。

体質改善にも効果的

この他、青汁が身体を弱アルカリ性に保ってくれるという点も老化を防ぐだけでなくホルモンの疲弊を防いでくれます。動物性の脂質やたんぱく質、糖質を摂り過ぎたりストレスを感じることで人の身体は酸性になりやすくなります。

身体がそれを補正しようとするときに酵素やホルモンを無駄に使うので、老化を進めてしまうこととなるのです。しかし青汁は体内で消費され、燃えた後にはアルカリ性となります。つまり青汁が代謝される際には体内をアルカリ性に中和してくれるわけです。

年齢を重ねるとどうしても食事の量が減りしっかりと栄養が摂れなくなりがちで、これが老化に拍車をかけることにもなっているのです。青汁そのものが持つ栄養素に加えて減った食事量からの栄養をカバーするためにも、青汁は非常に有効なのです。